副作用

バイアグラの副作用は確認、報告されているので「アルコールで酔っぱらった時のように全身がほてる」「眼球の痛みや充血」 「こめかみ付近にピリピリとしたような頭痛」などが一般的に言われる副作用で、医薬品の中でもバイアグラは比較的副作用の発生が多いという報告があるので、 服用前には注意が必要です。

またバイアグラは血圧を下げる効果があるので、高血圧の薬や、心臓病患者、 ニトログリセリンの服用者は同じ血圧を下げる効果があるので重複して服用してはいけません。

もし副作用が薬が切れる時間になってもなくならない場合は医師に相談してください。

注意点

バイアグラの注意点は効果を最大限に発揮する為の正しい服用タイミングから、重大な副作用が起きる可能性があるため、 服用してはいけない条件の方がいますので、その特徴に自分に当てはまるのかどうか、バイアグラの服用前に知っておく必要があります。

まずバイアグラの効果を最大限に引き出す方法ですが、セックスの30分前から1時間前に服用するのが望ましいです。

さらに空腹時に服用するのが一番効果が高いという事がわかっており、これはバイアグラが食事の影響を受けやすいというのが原因です。

これが原因で食事 の影響を受けにくいレビトラが開発されたという話があります。

この話は本当かどうかは分かりませんが、バイアグラが食事の影響を受けやすいのは本当のようです。

それはなぜかというと食べた物の吸収に、バイアグラの有効成分のシルデナフィルクエン酸の吸収が邪魔されるからです。

その為、食前や食後に服用すると成分を吸収する腸で満足に吸収されないため、バイアグラの特徴の一つの即効性も失われることになります。

ではこのままでは、空腹のままセックスをすることになってしまうのでどうするのかというと、 バイアグラを服用すると30分から1時間ほどで効果が現れるという事は、吸収が始まったという事なので、それが始まったらどんだけでも食べても大丈夫です。 効果の始まりは皮肉ですが、副作用が教えてくれるので、逃してしまうという事はなさそうです。

あとバイアグラ服用時はアルコールも摂取は控えめにしなければなりません。なぜかというとバイアグラには血管拡張作用があり血中のアルコール濃度も上がるため、 アルコールの周りが早くなってしまいます。

それにアルコールには勃起をしぼませる作用もわずかにあるので、本末転倒になってしまいますよね。

トップへ