ジェネリックとは

ジェネリック医薬品とはバイアグラに限らず、どのような医薬品にも存在しています。

今回はバイアグラを例に解説します。

バイアグラには正規品ブランドのバイアグラと様々な製薬会社から発売されているジェネリック医薬品のバイアグラが存在します。

まず正規品ブランドとは開発に莫大な時間と研究費、開発費をかけて、世界で初めて許可を得た医薬品の事です。

この場合アメリカのファイザー社がシルデナフィルクエン酸を使って作ったED治療薬「バイアグラ」がこれに当たります。

正規品ブランドは先ほども言いましたが、開発に莫大な時間と研究費、開発費が掛かっている為、数十年間の間、特許をもらえバイアグラの販売を独占できます。

反対にその特許が切れた後に「同じ成分」「同じ効果」で作られたものを、ジェネリック医薬品と言います。 (バイアグラのジェネリック医薬品は数多く存在していますが今回はキッセイ薬品工業株式会社から発売されているシルデナフィル錠 VI「キッセイ」で説明します。)

ファイザー社のバイアグラとキッセイ薬品工業株式会社のシルデナフィル錠 VI「キッセイ」は基本的に同じです。

基本的と言ったのは、ジェネリック医薬品は「容量」と「成分」は変更できないという決まりになっている為、 効果は正規品ブランドとジェネリック医薬品では違いはありません。

では何が違うかというと、錠剤の色や形、添加物はその製薬会社ごとに決められているため、消費者に求められる飲みやすさや、味などが正規品との違いになっています。

特にジェネリック医薬品の最大の特徴は発売が後発の為、研究費などが掛かっておらず、安価で購入できるのが特徴です。

そのため日本の医療機関でも正規ブランドに特にこだわりが無ければ、安価で購入できるジェネリック医薬品の中から薬を選ばせてくれるところが多くなってきています。

コピー商品

バイアグラのジェネリック医薬品の中にはコピー商品も含まれており、バイアグラのジェネリック医薬品と謳われて販売されているものがあります。

基本的にはコピー商品はジェネリック医薬品と変わりはないのですが、インドから発売される医薬品は正規品ブランドの特許が切れていなくとも、 製法さえ違えば合法的に製造販売することが可能なのでコピー商品と言われています。

そのためジェネリック医薬品よりも市場に出回ることの方がほとんどです。そのためジェネリック医薬品の中に含まれないコピー商品という分類なのです。

トップへ