EDとはなんなのか

バイアグラとバイアグラジェネリックを比較するにあたって、バイアグラの事も重要ですが、そもそもEDとは何なのか、 知らない人もきっといるはずなのでまずはEDの事に関しての情報を調べてきたので、ご覧ください。まずEDという言葉は英語で 「Erectile Dysfunction」の略語です。

日本語では勃起しづらい、勃起関連が原因でセックスできない、セックスの途中で中折れしてしまうなどの、 勃起障害全般に対してあてはめられる意味合いとなっているようですね。

私も飲み会などで「EDでさぁー」「最近ED気味なんだよね」などと、よく同僚や上司からの会話でちょくちょくEDが登場しますが、 無意識のうちにEDという言葉の意味を理解していましたね。

ただよくよく考えると、EDと言ってもどこからどこまでがEDに含まれ、さらにその反対なのかしりませんよね(笑)EDの話を聞いているときは、 笑い話だととらえることができるんですが、いざ症状を調べてみるといつも怖くなります。

さらに30代でも全然EDになる可能性があるということ、年齢を重ねていくと年々EDの可能性が上がると考えると、 これから自分が歳を取っていってどんどんEDになっていき将来的にセックスできないかもしれなくなるというのは怖いですね。 ただEDになってしまったら、もうなすすべがなく症状を受け入れるだけではなく医薬品に頼る改善方法や生活を改善してできる改善方法があるようなので、 EDになったからと言って希望が無くなるというわけではなく、いろいろな改善方法があるので安心できますよね。

これについてはまた後のタイトルでまとめてあります。

EDの具体的な症状

EDの中でも代表的な症状があるようなので、それをご紹介します。

1.「そもそも性的刺激を受けても勃起に至らない」これはもうEDの中でも一番症状が進行していて改善が難しいでしょうね。 この症状はのでは50代以降の男性や精神病を患っている男性に多いようです。

2.「勃起はするが満足のいく硬さではない」この症状は30代以降の男性に多くみられる症状のようです。

3.「勃起はするが勃起持続時間が短く、セックスの途中で縮んでしまう」俗にいう中折れという症状ですね。 調べて分かったのは、EDかEDじゃないという線引きは、本人が症状で悩んでおり治療の対象になるかどうかという感じでした。

しかし他人からEDだと症状と見られたとしても、自分はEDではないと思い込み、 「疲れ」や「ストレス」のせいだと考えて自分がEDではないと思い込んで、治療まで長い時間が掛かる患者の方が多くいられるようです。

トップへ